サイトへ戻る

 

紙と鉛筆によるテストからデジタルテストプラットフォームに移行する際に考慮すべき4つのポイント

 リモートラーニングはリモートテストを意味し、多くの教育機関にとってこのデジタル化は未知の領域を意味します。今日の世界的な環境では、教室にいない学生にも継続的にコミュニケーションを行い、 生涯学習のサポートを提供するためのデジタルアセスメント技術の必要性は否定できません。しかし、世界中がeラーニング化を加速し、教育機関が初めてアセスメントをオンラインで実施するようになると、多くの新たな検討事項に直面することになります。

 では、どのようにして教育機関は、紙と鉛筆によるアセスメントからオンラインアセスメントへの効果的な道筋を見つけることができるのでしょうか?
考慮すべきことは、作成するテストやコンテンツの種類から、カスタマイズ、構成、統合、テスト・セキュリティ、そしてこれらと同じくらい重要なサポートの技術的な側面にまで及びます。

  

考慮すべき1|システムとコンテンツの統合

 あなたの教育機関がeラーニングを導入し始めたばかりであれば、統合する必要のある他のシステムが少ないかもしれません(またはないかもしれません)。一方で、スタックに導入された新しいアセスメントプラットフォームと全体的に連携する必要のある複雑なレガシー技術を導入している可能性もあります。いずれの場合も、デジタルテスティングソリューションに移行する際には、相互運用性が重要なポイントとなります。

 eラーニングのエコシステムを一から構築しているのであれば、QTIのオープン・スタンダードに基づいて構築され、LTIの機能を活用した相互運用可能なシステムは、運用を拡大していく際に、無数のアプリケーションとのよりスムーズな統合を可能にします。また、オープンなデジタルアセスメントプラットフォームは、複雑さを伴うレガシーなEdTechシステムとの統合がより簡単になります。オープン・スタンダードでスムーズな統合を可能にすることは、最終的には、テクノロジーソリューションを接続するための時間、費用、リソースを削減することを意味します。

 また、オープンなQTI準拠のアセスメント環境でコンテンツ作成することで、作成したコンテンツの価値を最大限に高めることができます。

QTI標準に基づいてコンテンツを構築することで、アセット、問題、テストが他のベンダーに完全に移植可能であることを保証します。
LTI(Learner Tool Interoperability)をサポートするプラットフォームは、教育プラットフォーム間での起動と通信を可能にします。

 多くのベンダー固定のシステムは、コンテンツをロックしてしまい、他のシステムとの互換性がなかったり、統合が困難になっています。
オープンなアセスメントソフトウェアでは、そのようなことはありません。オープンスタンダードを活用したアセスメントプラットフォームは、システムを切り替える必要がある場合でも、作業を一緒に進めることができるという安心感を提供します

〜紙ベースのテストアイテムをデジタルに変換する〜

 技術的な統合よりもさらに重要なのは、テストの内容と、どのようにして質問を紙からデジタルに効果的に変換できるかということです。

  • どのようなタイプのテストや質問を作成しますか?
  • 何を測定する必要がありますか?

異なるタイプのテストには異なる機能やインタラクションが必要なため、これらはデジタルテストへの移行時に留意すべき考慮事項の一部に過ぎません。

 たとえば、多肢選択問題のような紙ベースのテストアイテムの中には、デジタルプラットフォームに簡単に変換できるものがあります。しかし、多段階問題の場合、移行はそれほど簡単ではないかもしれません。 最新のテスト技術を使用して 21 世紀の問題解決スキルを測定しようとしている場合、プラットフォームはより複雑なカスタム・テクノロジ・エンハンスドアイテム (TEI) やポータブル・カスタム・インタラクション (PCI) をサポートする必要があります。

 

 

考慮すべき2|使いやすさと採用のしやすさ

 デジタルアセスメント技術はそれ自体が複雑ですが、オンラインテストプラットフォームのユーザーインターフェースは、デジタルへの移行をサポートするために、明確で合理化された使いやすいものでなければなりません。直感的なデザインは、テストの編集とシステムを素早く習得する必要があるテストクリエータの両方にとって、効率性に大きな違いをもたらすことができます。紙と鉛筆からデジタルアセスメントに移行する際には、成長の痛みが予想されますが、ユーザビリティとアクセシビリティを重視した採用性の高いプラットフォームは、これらの課題を軽減します。システムにカスタム機能があまり必要ないと思われる場合は、テストプログラム運用に特化されたプラットフォームを検討するとよいでしょう。

 デジタルテストソリューションもまた、最新のWCAG標準に準拠し、テスト作成者とテスト受験者の両方にアクセスしやすくする必要があります。当社のアクセシビリティシリーズでは、デジタルアセスメントの障壁を取り除くことや、テストの作成や受験におけるユーザビリティの重要性など、ユーザビリティに関連するトピックについて、さまざまな記事を取り上げています。

 実際、一部の大規模なプログラムは、アクセシビリティを必要とする学生から始めて、徐々に完全なデジタルテストに移行しています。これにより、非常に小さな規模で開始し、アクセスのロジスティック上の問題のいくつかに最初から取り組むことができます。大規模な配信に移行するまでに、誰もがテストにアクセスできるようになります。

 

考慮すべき3|サポート

 紙ベースのテストからデジタル・アセスメントへの移行を成功させるためには、テクノロジーは方程式の半分に過ぎません。教育機関は、新しいテストプラットフォームの運営、管理、維持管理を専門とするチームのサポートも必要です。
 

 これには、プログラムがスムーズに実行されるようにするためのクラウドホスティングの管理からアカウントサポートまですべてが含まれます。これに取り組み、マイルストーンを追跡するための社内チームがない場合は、アセスメントソフトウェアパートナーのサポートが非常に重要になります。さまざまなデジタルテストシステムへの投資を検討する際には、どのようなサポートが必要になるかを考えてみてください。

Pro Tip:最初に紙のアセスメントからデジタルアセスメントへ移行する際には、専任のアカウント管理がキャンペーンの目標を確実に達成しているかどうかを確認し、途中で障害が発生した場合にはサポートを提供します。
 

考慮すべき4|進化する柔軟性:オープンソース

 "テストソリューションは、教育機関や今日の学習者のニーズに合わせて進化していくのか?" 将来的に必要になるであろう機能や機能を予測するのは難しいかもしれませんが、ソリューションは拡張性があるものであることが望まれます。

 今日の世界最大規模の教育機関の多くは、オープンソースをEdTechソフトウェアを選択する際の原動力と考えています。オープンソースのデジタルテストプラットフォームでは、独自の機能を持つソースコードにアクセスして拡張することができます。また、オープンソースは、ユーザーのコミュニティ内でのコラボレーションを可能にします。

----------------

 紙と鉛筆のテストからデジタルテストへの移行には、独自の課題や考慮すべき点があります。一歩引いて、テクノロジーパートナーを見つけ、ニーズを分析することで、デジタル化への第一歩を踏み出すことができます。

出典:この記事は,OAT社(Open Assessment Technologies)のブログ ”4 Considerations When Migrating from Paper-and-Pencil to a Digital Testing Platform(Aug 06, 2020)”を翻訳しています。

お問い合わせはこちら
 
株式会社インフォザイン
tel .03-5832-5580 
メール:inquiry@infosign.co.jp
〒110-0008 東京都台東区池之端1丁目2-18いちご池之端ビル4F

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK