Return to site

日本教育工学会にてテスト・ドリルのオープン標準規格QTIについて講演

「教育ビックデータ・学習資源の共有の実現に向けて教育工学の立場から国際標準規格の必要性を考える」

· IMS,セミナー,TAO

 2017年3月27日、日本教育工学会(JSET)が主催する「2016年度 産学協同セミナー」にて、弊社 永井 正一(ディレクター)が、eラーニング,CBTシステムにおけるテスト・ドリルのオープン標準規格QTI (question & test interoperability)についての講演,および標準化に向けての課題・展望に向けてのパネルディスカッションに参加いたしました。

講演テーマ:「 IMS GLC QTI標準規格および事例ご紹介 」 

永井正一( ㈱インフォザイン 教育環境デザイングループ ディレクター 内田洋行教育総合研究所)

<プレゼン資料>

「 IMS GLC QTI標準規格および事例ご紹介 」資料

なお、「2016年度 産学協同セミナー」全体概要およびセミナー報告(発表資料)については,一般社団法人日本IMS協会サイトをご参照ください。

日本教育工学会 JSET「2016年度 産学協同セミナー」報告 (日本IMS協会サイトリンク)

この件に関するお問い合わせはこちら
 
株式会社インフォザイン
tel .03-5832-5580 
メール:edu@infosign.co.jp
〒110-0008 東京都台東区池之端1丁目2-18いちご池之端ビル4F

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly