• メトリクスとアナリティクスで教育の未来を創る

    LAプラットフォーム デザイン

    学習分析プラットフォーム構築支援

  • Learning Analytics Platform Design

    学習分析プラットフォーム構築支援

    ICT化が急速に進む学びの環境。そこで、蓄積される様々な学びのデータは爆発的に増大し、この大量のデータを、いかに収集・蓄積し、学びの変革に生かしていくかが、今、大きなテーマとなっています。

    「LA(ラーニング・アナリティクス)プラットフォーム・デザイン」は、取得される学習記録データを価値ある情報にするための、学習分析プラットフォーム構築に向けた技術支援サービスです。

    データの力を最大限に活かし、学習環境のパフォーマンスを最大化させること。これが、「LAプラットフォーム デザイン」が目指すコンセプトです。

  • ご提供サービス

    学習記録データ収集プラットフォーム構築支援

    学習成果の可視化に向けて、学習記録データ(学習とトレーニングの履歴・結果・成果物)収集のためのプラットフォーム構築支援のご提供。
     

    → 学習記録データ管理プラットフォーム「ラーニングロッカー」

    CBTプラットフォーム構築支援

    学習記録データ収集元として重要な学習成果アセスメント(評価)のための、CBT(Computer Based Testing)プラットフォーム構築支援のご提供。
     

    → CBTプラットフォーム「TAO」

  • Open Source Software and Standards

    インフォザインはOSSソリューションで教育分野に貢献いたします

    世界的に利用が進んでいる「自由なソフトウェア(Open Source Software)」、そして「オープン標準(Open Standards)」。

    これらオープンな枠組みを採用することは、システムの相互運用性の確保(ベンダーロックインの回避)やデータのポータビリティを可能にする大きな要素となります。

    ひとつのシステムだけで全ての機能を実装することは現実的ではありません。ある特定の機能に特化したシステムを複数組み合わせ、あたかもひとつの大きなシステムとして運用しているケースが多いはずです。その場合、各システム間の情報のやり取りはどう設計すればいいのでしょうか?

     

    例えばテストの問題形式、学習履歴のフォーマット、ファイルのやり取り方法、認証方式など。それぞれオープン標準を採用することで、仕様も明確となり、実装も低コストでおこなうことができます。

    技術や業界標準がすぐに変わってしまう昨今、同一のシステムを永続的に使っていくことは現実難しい状況です。将来システムを乗り換える際、問題になるのはデータの移行です。オープン標準を採用することにより、その標準を採用しているより最適なシステムに容易に乗り換えることも可能となります。

     

    インフォザインでは、教育分野に特化したOSS(オープンソース・ソフトウェア)製品の取扱いを始めています。これら、教育向けOSS製品をお客様のニーズに合わせた形で組み合わせ、教育OSSソリューションとして提供いたします。導入から運用サポート・教育など、ご要望に応じて対応可能。安心して導入いただけます。

    ■ 弊社取扱いOSS製品 ■

    学習記録データ管理プラットフォーム

    Learning Locker(ラーニングロッカー)

    学習記録データの国際的標準規格 xAPI に完全準拠したLRS(Learning Record Store) エンジン。
     

    → さらに詳しく

    CBTシステム|TAOロゴマーク

    CBTプラットフォーム

    TAO(タオ)

    eラーニングにおけるテスト・ドリルの国際的標準規格であるQTI/LTIに完全準拠したCBT(Computer Based Testing)プラットフォーム。
     

    → さらに詳しく

  • Infosign NEWS

    トピックス & LAブログ

    弊社最新情報とラーニングアナリティクスに関する情報をお伝えします。

    CBTプラットフォーム<TAO>の開発元であるOAT社のプレスリリース記事より,引用し翻訳しています。(NEWWIRE配信:Press relearse :2017年 6月8日) <引用元>https://www.newswire.com/news/oat-chosen-to-participate-in-a-surf-pilot-program-to-build-digital-19600888  オープンソースCBT(Computer Based Testing)製品のリーディングプロバイダ ,ルクセンブルクのOpen Assessment Technologies S.A....
    abril 4, 2017 · ラーニングロッカー,xAPI,学習記録データ
    ラーニングロッカーの開発元であるHT2社のブログより,引用し翻訳しています。 <引用元>https://www.ht2labs.com/blog/5-common-lrs-questions-answered/  企業などの組織が,学習と学習者の分析というものに価値を見出し、xAPI(*1)を利用して学習者の学習履歴データを収集するようになると、それに伴い,そのデータを収集するためのデータベースであるLRS(*2)(ラーニングレコードストア)への関心も高まることは避けられません。  しかし、xAPIと同様に、LRSがどのような役割を果たしているのか、またそれが既存の学習エコシステムに...
     2017年3月27日、日本教育工学会(JSET)が主催する「2016年度 産学協同セミナー」にて、弊社 永井 正一(ディレクター)が、eラーニング,CBTシステムにおけるテスト・ドリルのオープン標準規格QTI (question & test interoperability)についての講演,および標準化に向けての課題・展望に向けてのパネルディスカッションに参加いたしました。 講演テーマ:「 IMS GLC QTI標準規格および事例ご紹介 」  永井正一( ㈱インフォザイン 教育環境デザイングループ ディレクター 内田洋行教育総合研究所) <プレゼン資料> 「 IMS...
     CBTプラットフォーム「TAO」の導入事例(OAT社の事例記事の翻訳)です。 従来の紙ベースの調査PBT(Paper Based Testing)に比べ,運用コストなどの面からも,実施の規模を格段に拡大できることがCBT「TAO」の大きなメリットになっている事例です。 背 景:BACKGROUND  DEPPは,フランス教育省における学術および職業訓練のすべての分野における評価と統計分析を担当する部門で,学生の知識やスキル,さらにはモチベーション,社会生活,自尊心などの分野における学生の認知発達に関する客観的な情報をステークホルダーに提供します。  DEPPは、65,000以上...
      MongoDB Innovation Awardは、世界で最も革新的なデータ志向アプリケーションの開発によって、さまざな業界に大きな影響を与えた企業に対して贈られる賞で、今年はさまざまな業界から数百社に登るエントリーがなされました。 今回、ラーニングロッカーは、このMongoDB Innovation Award 2016の「オープンソース部門」での受賞となり、これは、昨年の facebook に次ぐ栄えある受賞を遂げたことになります。 ラーニングロッカーについて ラーニングロッカーは、学習記録データを収集管理するためのプラットフォーム(LRS(Leaarning Record...
    More Posts
  • Infosign NEWS

    トピックス&LAブログ メールマガジン登録

    弊社最新情報やラーニングアナリティクスに関する情報(不定期)をお知らせいたします。

    ここでご入力いただきましたEメールアドレスは、メールマガジン配信のためにのみ使用いたします。

  • お問合せ

    お問合せは、下記またはお問合せフォームにてお願いいたします。弊社の担当者が、後ほど連絡いたします。
    ここでご入力いただきました個人情報については、お問い合わせに対しての連絡のみに使用させていただきます。

    〒110-0008 東京都台東区池之端1丁目2-18いちご池之端ビル4F
    株式会社インフォザイン
    TEL 03-5832-5580
  • 公式アカウントをフォローしよう!

    ラーニングアナリティクスに関わるさまざま情報をお知らせしています。

All Posts
×
All Rights Reserved. Copyright © 2001−2017 Infosign.Inc